スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界傑作文学100

「世界傑作文学100」なるものを発見した
「世界傑作文学100(史上最高の文学100)」はノルウェー・ブック・クラブが著名な作家にアンケートをとってまとめたらしいです。
海外文学は読んでみたいとは思っていたけど、どこから手を出していいのかさっぱりで…
とりあえず、長編小説を制覇した村上春樹関連で、カフカの「変身」を読んでみた
これがかなりGOOD
いちいちネットで100選が載ってるサイトを調べるのがめんどくさいので・・・ 自分用に100選残しておきます

ラルフ・エリスン『見えない人間』

見えない人間 (1) 見えない人間 (2)
見えない人間 (1) 見えない人間 (2)

ウィリアム・フォークナー『アブサロム・アブサロム』『響きと怒り』

アブサロム、アブサロム!(上) (講談社文芸文庫) アブサロム、アブサロム!(下) (講談社文芸文庫) 響きと怒り (講談社文芸文庫)
アブサロム、アブサロム!(上) (講談社文芸文庫) アブサロム、アブサロム!(下) (講談社文芸文庫) 響きと怒り (講談社文芸文庫)

アーネスト・ヘミングウェイ『老人と海』

老人と海 (新潮文庫)
老人と海 (新潮文庫)

ハーマン・メルヴィル『白鯨』

白鯨 上 (岩波文庫) 白鯨 中 (岩波文庫) 白鯨 下 (岩波文庫)
白鯨 上 (岩波文庫) 白鯨 中 (岩波文庫) 白鯨 下    岩波文庫 赤 308-3

ウラジール・ナボコフ『ロリータ』

ロリータ (新潮文庫)
ロリータ (新潮文庫)

トニ・モリソン『ビラヴド』

ビラヴド (集英社文庫)
ビラヴド (集英社文庫)

エドガー・アラン・ポー ※全作

黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫) モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集〈2〉ミステリ編 (新潮文庫)
黒猫・アッシャー家の崩壊―ポー短編集〈1〉ゴシック編 (新潮文庫) モルグ街の殺人・黄金虫―ポー短編集〈2〉ミステリ編 (新潮文庫)

マーク・トウェイン『ハックルベリー・フィンの冒険』

ハックルベリイ・フィンの冒険 (新潮文庫)
ハックルベリイ・フィンの冒険 (新潮文庫)

ウォルト・ホイットマン『草の葉』

草の葉 (上) (岩波文庫) 草の葉 (中) (岩波文庫) 草の葉 (下) (岩波文庫)
草の葉 (上) (岩波文庫) 草の葉 (中) (岩波文庫) 草の葉 (下) (岩波文庫)

ジェーン・オースティン『高慢と偏見』

高慢と偏見 上 ちくま文庫 お 42-1 高慢と偏見 下 ちくま文庫 お 42-2
高慢と偏見 上   ちくま文庫 お 42-1 高慢と偏見 下   ちくま文庫 お 42-2

エミリー・ブロンテ『嵐が丘』

嵐が丘 (新潮文庫)
嵐が丘 (新潮文庫)

ジェフリー・チョーサー『カンタベリー物語』

完訳 カンタベリー物語〈上〉 (岩波文庫) 完訳 カンタベリー物語〈中〉 (岩波文庫) 完訳 カンタベリー物語〈下〉 (岩波文庫)
完訳 カンタベリー物語〈上〉 (岩波文庫) 完訳 カンタベリー物語〈中〉 (岩波文庫) 完訳 カンタベリー物語〈下〉 (岩波文庫)

ジョセフ・コンラッド『ノストローモ』

筑摩世界文学大系 (50)
筑摩世界文学大系 (50)

チャールズ・ディケンズ『大いなる遺産』

大いなる遺産 (上巻) (新潮文庫) 大いなる遺産 (下巻) (新潮文庫)
大いなる遺産 (上巻) (新潮文庫) 大いなる遺産 (下巻) (新潮文庫)

ジョージ・エリオット『ミドルマーチ』

ミドルマーチ〈1〉 (講談社文芸文庫) ミドルマーチ〈2〉 (講談社文芸文庫) ミドルマーチ〈3〉 (講談社文芸文庫) ミドルマーチ〈4〉 (講談社文芸文庫)
ミドルマーチ〈1〉 (講談社文芸文庫) ミドルマーチ〈2〉 (講談社文芸文庫) ミドルマーチ〈3〉 (講談社文芸文庫) ミドルマーチ〈4〉 (講談社文芸文庫)

D・H ロレンス『息子と恋人』

息子と恋人 (上巻) (新潮文庫) 息子と恋人 (中巻) (新潮文庫) 息子と恋人 (下巻) (新潮文庫)
息子と恋人 (上巻) (新潮文庫) 息子と恋人 (中巻) (新潮文庫) 息子と恋人 (下巻) (新潮文庫)

ドリス・レッシング『黄金のノート』

黄金のノート
黄金のノート

ジョージ・オーウェル『1984年』

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)

サルマン・ラシュディ『真夜中の子供たち』

真夜中の子供たち〈上〉 (Hayakawa Novels) 真夜中の子供たち〈下〉 (Hayakawa Novels)
真夜中の子供たち〈上〉 (Hayakawa Novels) 真夜中の子供たち〈下〉 (Hayakawa Novels)

ウィリアム・シェイクスピア『ハムレット』『リア王』『オセロー』

ハムレット (新潮文庫) リア王 (新潮文庫) オセロー (新潮文庫)
ハムレット (新潮文庫) リア王 (新潮文庫) オセロー (新潮文庫)

ヴァージニア・ウルフ『ダロウェイ夫人』『燈台へ』

ダロウェイ夫人 (角川文庫) 灯台へ (岩波文庫)
ダロウェイ夫人 (角川文庫) 灯台へ (岩波文庫)

オレノド・バルザック『ゴリオ爺さん』

ゴリオ爺さん (新潮文庫)
ゴリオ爺さん (新潮文庫)

アルベール・カミュ『異邦人』

異邦人 (新潮文庫)
異邦人 (新潮文庫)

ドゥニ・ディドロ『運命論者ジャックとその主人』

運命論者ジャックとその主人
運命論者ジャックとその主人

ギュスターブ・フローベル『ボヴァリー夫人』『感情教育』

ボヴァリー夫人 (新潮文庫) 感情教育〈上〉 (岩波文庫) 感情教育〈下〉 (岩波文庫)
ボヴァリー夫人 (新潮文庫) 感情教育〈上〉 (岩波文庫) 感情教育〈下〉 (岩波文庫)

ミシェル・ド・モンテーニュ『エセー』

エセー〈1〉 エセー〈2〉 エセー〈3〉
エセー〈1〉 エセー〈2〉 エセー〈3〉

マルセル・プルースト『失われた時を求めて』

失われた時を求めて〈1〉第一篇 スワン家の方へ〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて〈2〉第一篇 スワン家の方へ〈2〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 3 第二篇 花咲く乙女たちのかげに I (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 4 第二篇 花咲く乙女たちのかげに II (集英社文庫ヘリテージシリーズ)
失われた時を求めて〈1〉第一篇 スワン家の方へ〈1〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて〈2〉第一篇 スワン家の方へ〈2〉 (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 3 第二篇 花咲く乙女たちのかげに I (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 4 第二篇 花咲く乙女たちのかげに II (集英社文庫ヘリテージシリーズ)
失われた時を求めて 5 第三篇 ゲルマントの方 I (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 6 第三篇 ゲルマントの方 II (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 7 第四篇 ソドムとゴモラ I (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 8 第四篇 ソドムとゴモラ II (集英社文庫ヘリテージシリーズ)
失われた時を求めて 5 第三篇 ゲルマントの方 I (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 6 第三篇 ゲルマントの方 II (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 7 第四篇 ソドムとゴモラ I (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 8 第四篇 ソドムとゴモラ II (集英社文庫ヘリテージシリーズ)
失われた時を求めて 9 第五篇 囚われの女 I (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 10 第五篇 囚われの女 II (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 11 第六篇 逃げ去る女 (集英社ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 12 第七篇 見出された時 I (集英社文庫ヘリテージシリーズ)
失われた時を求めて 9 第五篇 囚われの女 I (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 10 第五篇 囚われの女 II (集英社文庫ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 11 第六篇 逃げ去る女 (集英社ヘリテージシリーズ) 失われた時を求めて 12 第七篇 見出された時 I (集英社文庫ヘリテージシリーズ)
失われた時を求めて 13 第七篇 見出された時 II (集英社文庫ヘリテージシリーズ)
失われた時を求めて 13 第七篇 見出された時 II (集英社文庫ヘリテージシリーズ)

フランソワ・ラブレー『ガルガンチュワ物語』『パンタグリュエル物語』

ガルガンチュア―ガルガンチュアとパンタグリュエル〈1〉 (ちくま文庫) パンタグリュエル―ガルガンチュアとパンタグリュエル〈2〉 (ちくま文庫) 第三の書―ガルガンチュアとパンタグリュエル〈3〉 (ちくま文庫) ガルガンチュアとパンタグリュエル〈4〉第四の書 (ちくま文庫)
ガルガンチュア―ガルガンチュアとパンタグリュエル〈1〉 (ちくま文庫) パンタグリュエル―ガルガンチュアとパンタグリュエル〈2〉 (ちくま文庫) 第三の書―ガルガンチュアとパンタグリュエル〈3〉 (ちくま文庫) ガルガンチュアとパンタグリュエル〈4〉第四の書 (ちくま文庫)

スタンダール『赤と黒』

赤と黒 (上) (新潮文庫) 赤と黒 (下巻) (新潮文庫)
赤と黒 (上) (新潮文庫) 赤と黒 (下巻) (新潮文庫)

マルグリット・ユルスナール『ハドリアヌス帝の回想』

ハドリアヌス帝の回想
ハドリアヌス帝の回想

ジョヴァンニ・ボッカッチョ『デカメロン』

デカメロン(上) (講談社文芸文庫) デカメロン(下) (講談社文芸文庫)
デカメロン(上) (講談社文芸文庫) デカメロン(下) (講談社文芸文庫)

ダンテ・アリギエーリ『神曲』

神曲 地獄篇 (河出文庫 タ 2-1) 神曲 煉獄篇 (河出文庫 タ 2-2) 神曲 天国篇 (河出文庫 タ 2-3)
神曲 地獄篇 (河出文庫 タ 2-1) 神曲 煉獄篇 (河出文庫 タ 2-2) 神曲 天国篇 (河出文庫 タ 2-3)

ジャコモ・レオパルディ『カンティ』

レオパルディ カンティ
レオパルディ カンティ

エルサ・モランテ『イーダの長い夜』

イーダの長い夜―ラ・ストーリア (上) イーダの長い夜―ラ・ストーリア (下)
イーダの長い夜―ラ・ストーリア (上) イーダの長い夜―ラ・ストーリア (下)

オウィディウス『変身物語』

オウィディウス 変身物語〈上〉 (ワイド版岩波文庫) オウィディウス変身物語〈下〉 (ワイド版岩波文庫)
オウィディウス 変身物語〈上〉 (ワイド版岩波文庫) オウィディウス変身物語〈下〉 (ワイド版岩波文庫)

イタロ・ズヴェーヴォ『ゼーノの意識』

ウェルギリウス『アエネーイス』

アエネーイス (上) (岩波文庫) アエネーイス (下) (岩波文庫)
アエネーイス (上) (岩波文庫) アエネーイス (下) (岩波文庫)

ミゲル・デ・セルバンテス『ドン・キホーテ』

ドン・キホーテ〈前篇1〉 (岩波文庫) ドン・キホーテ〈前篇2〉 (岩波文庫) ドン・キホーテ〈前篇3〉 (岩波文庫)
ドン・キホーテ〈前篇1〉 (岩波文庫) ドン・キホーテ〈前篇2〉 (岩波文庫) ドン・キホーテ〈前篇3〉 (岩波文庫)
ドン・キホーテ〈後篇1〉 (岩波文庫) ドン・キホーテ〈後篇2〉 (岩波文庫) ドン・キホーテ〈後篇3〉 (岩波文庫)
ドン・キホーテ〈後篇1〉 (岩波文庫) ドン・キホーテ〈後篇2〉 (岩波文庫) ドン・キホーテ〈後篇3〉 (岩波文庫)

フェデリコ・ガルシア・ロルカ『ジプシー歌集』

アルフレート・デーブリーン『ベルリン・アレクサンダー広場』

ベルリン・アレクサンダー広場〈上〉 (1971年) (モダン・クラシックス)
ベルリン・アレクサンダー広場〈下〉 (1971年) (モダン・クラシックス)

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ『ファウスト』

ギュンター・グラス『ブリキの太鼓』

トマス・マン『ブッデンブローク家の人々』『魔の山』

ブッデンブローク家の人びと 上 (岩波文庫 赤 433-1)
ブッデンブローク家の人びと 中 (岩波文庫 赤 433-2)
ブッデンブローク家の人びと 下    岩波文庫 赤 433-3

サミュエル・ベケット『モロイ』『マロウンは死ぬ』『名付けえぬもの』

マロウンは死ぬ

ジェイムス・ジョイス『ユリシーズ』

ローレンス・スターン『紳士トリストラム・シャンディの生涯と意見』

ジョナサン・スウィフト『ガリバー旅行記』

フェルナンド・ペソア『不穏の書、断章』

ジョゼ・サラマゴ『白の闇』

アンデルセン『アンデルセン童話集』

クヌート・ハムスン『飢え』

飢え (1952年) (創元文庫〈B 第47〉)

ヘンリック・イプセン『人形の家』

アストリッド・リンドグレン『長くつ下のピッピ』

ハルドル・ラクスネス『独立の民』

独立の民 (1957年)

- 『ニャールのサガ』

ニャールのサガ (1978年)

ロベルト・ムージル『特性のない男』

パウル・ツェラン『パウル・ツェラン全詩集』

パウル・ツェラン全詩集〈1〉

フランツ・カフカ『全短篇』『審判』『城』

アントン・チェーホフ『代表作』

フョードル・ドストエフスキー『罪と罰』『白痴』『悪霊』『カラマーゾフの兄弟』

ニコライ・ゴーゴリ『死せる魂』

死せる魂 上 (岩波文庫 赤 605-4)

レフ・トルストイ『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『イワン・イリッチの死』

エウリピデス『メディア』

ホメロス『イリアス』『オデュッセイア』

ニコス・カザンザキス『その男ゾルバ』

その男ゾルバ (東欧の文学)

ソポクレス『オイディプス王』

- 『ギルガメシュ叙事詩』

ファン・ルルフォ『ペドロ・パラモ』

ホルヘ・ルイス・ボルヘス『伝奇集』

ガブリエル・ガルシア・マルケス『百年の孤独』『コレラの時代の愛』

ジョアン・ギマランエス・ローザ『大いなる奥地』

筑摩世界文学大系 (83)

チアヌ・アチェベ『崩れゆく絆』

崩れゆく絆―アフリカの悲劇的叙事詩 (1977年) (チヌア・アチェベの世界〈1〉)

タイーブ・サーレフ『北へ遷りゆく時』

北へ遷りゆく時/ゼーンの結婚     現代アラブ小説全集 (8)

ナギーブ・マフフーズ『ゲベラウィの子供たち』

Children of Gebelawi (African Writers Series)

カーリダーサ『思い出のシャワンタラー』

- 『マーハバラータ』

- 『ラーマーヤナ』

- 『千夜一夜物語』

サアディー『果樹園』

- 『ヨブ記』

ルミー『アスナヴィー』

魯迅『狂人日記』

紫式部『源氏物語』

川端康成『山の音』

TAG :
世界傑作文学100
史上最高の文学100
小説
文学
傑作
BOOK
ランキング

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

僕の生きる道

Author:僕の生きる道
24歳人生の悩み
この先の人生を考えるブログ…

検索フォーム
blog ランキング
ad
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ad
ad

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。